2010年04月09日

首相の核安保サミット出席を発表=拡不拡散に協力表明へ(時事通信)

 平野博文官房長官は9日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が12、13両日にワシントンで開かれる核安全保障サミットに出席すると正式発表した。平野長官は「核の厳格な管理を確保することは、わが国の安全にとっても重要な問題だ。米国をはじめ関係国と協力し、サミットの成功に向けて努力する」と強調した。
 首相は12日、政府専用機で出発。サミットでは、唯一の被爆国として原子力を平和利用し、核不拡散のため国際協力を進める日本の立場を表明する。帰国は14日の予定。 

【関連ニュース】
原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書
仕分け対象候補の独立行政法人
核トマホーク延命せず=日本守る抑止力に影響なし
ヨルダンの原子力開発支援=アブドラ国王に表明
G8外相会合議長声明の要旨

<掘り出しニュース>成田のキャラ「うなりくん」に住民票 市長も「癒やされる」と絶賛(毎日新聞)
関東地方、昼過ぎにかけて大荒れ(読売新聞)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
<陸山会事件>大久保被告が衆院事務局に辞職届提出(毎日新聞)
<鉄工所事故>機械にはさまれ21歳作業員死亡 大阪(毎日新聞)
posted by オオニシ オサム at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。